Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/4/1/sd0079841/cashnavi.jp/pc/hikaku.php on line 214
キャッシングなら低金利の比較が出来る【eキャッシュナビ】で最適なキャッシング会社を見つけよう
低金利キャッシングを比較

低金利キャッシングで総返済額を少なくしましょう

キャッシングでお金を借りた場合、元金とあわせて利息も支払わなければなりません。そのため、返済期間中に支払う利息と元金を合計したものが、総返済額になります。ということは、支払う利息が少なくなれば総返済額も少なくなります。

利息は金利によって異なります。100万円を借りて毎月3万円ずつ返済する場合、金利によって総返済額がどのくらい異なるのか見てみましょう。

利息制限法の上限金利15.0%(100万円以上)だと、129万円を3年8ヶ月かけて支払わなければなりません。しかし10%なら、117万円を3年4ヶ月で、7%なら、111万円を3年2ヶ月で返済すれば良いのです。
利息の計算方法はコチラ

低金利ほど総返済額が少なくなるので、低金利の会社で少しでも有利なキャッシングをしましょう。

どのような会社が低金利か?

キャッシング会社はお金を貸すために、その資金を調達しなければなりません。そのコストが低ければ、低金利でも利益をあげることができます。

銀行は、人々から預かったお金を貸し出しに回すことができるため、調達コストを低く抑えることができ低金利で貸すことができますが、銀行からの借り入れ金利がかかる消費者金融は、調達コストが高くなるため、低金利で貸しにくくなります。

また、他社からの借入が多い人や、返済に困っている人など、貸し倒れのリスクが高い人に貸せば貸すほど、低金利で貸しにくくなります。

貸し倒れのリスクが高い人は、返済できずに夜逃げや自己破産をする危険があります。もし貸した人の中に、貸し倒れのリスクがある人がいたら、貸す側としては、それ以外のちゃんと返済をしてくれる人の分で利益を出さなくてはなりません。そのため、リスクが高い人にも貸し出してくれる会社は、低金利で貸しにくくなる傾向にあります。

一般的に、調達コストが低く審査が厳しい銀行系と、調達コストがかかり審査がやさしい消費者金融系を比較すると、前者のほうが低金利の傾向があります。低金利会社を比較して、上手にキャッシングをしましょう。

低金利キャッシングを比較
SMBCコンシューマーファイナンス
低金利キャッシングを比較
低金利比較のSMBCコンシューマーファイナンス

「レディースキャッシング」は、女性専用のキャッシングサービスです。女性オペレータが、お申込やお取引のご相談を承ります。詳しい情報は、公式サイトから

実質年率融資限度額無利息期間
4.5~17.8%1~500万円30日間(※※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)

目的別で探す

業態別で探す

キャッシング基礎知識

キャッシング用語集

モバイル版 eキャッシュナビ

低金利比較モバイル版

携帯サイトでも低金利キャッシングを比較! QRコードから携帯サイトに楽々アクセス!!

http://cashnavi.jp

キャッシング,低金利,比較のeキャッシュナビ